Just do it !

よく考えたあとは、やってみよう、うごいてみよう

ライフスタイル

飲み会忘年会を開くなら、港区麻布十番のチェーン店のコスパがよいのでおすすめです。ラ・ボエームでドンペリを飲んでしまった。

先週末、忘年会を開きました。当初池袋で開催予定でしたが、池袋に近い参加者が来られなくなったので、他の参加者が来やすい麻布十番に変更しました。 麻布十番には高級なイメージが有り、どのお店も客単価は高めです。 麻布十番で忘年会だなんて、セレブの…

高輪ゲートウェイ駅にするなら、高輪大木戸駅でよかったのに

高輪ゲートウェイの駅名にほとんどの人が驚いているようですが、なんでも高輪の大木戸の近くだから、ということも理由の一つにあったそうです。 ここには、江戸時代、江戸市中に入る門があり、夕方になると閉めることになっていました。今でも高輪大木戸跡と…

ぼーっと生きてんじゃねーよ、と言われても、ぼーっとしていたい

NHKの番組「チコちゃんに叱られる」が好きで、毎週見ています。フジテレビ傘下の共同テレビが制作しているということで、NHKの真面目さを、昔のフジテレビが茶化しているような味付けで、ついついくせになっています。 フジテレビは今でも人気企業の一つです…

日産とルノーの関係から見える日本企業とフランス企業の違い

フランス企業で日本法人の代表を務めていた人がよくこぼしていたのが、国営企業であることの制約。フランスは社会党が政権を担っていた時代に企業の国有化が進んでおり、いろいろと国が口を挟んできたそう。ミッテラン大統領が引退して、シラク大統領になっ…

孫を腕に抱くとき、どんなことを考えるのだろう。若くてイキノイイひとたちばかりのブログの世界。老成したひとやおっさんはそこにいるのかな。

生まれてからしばらくの間は、親がかかりっきりで、自分の面倒を見てくれます。しかし、当時の自分に、親の世話になったという感覚はそれほどありません。何も出来ない赤ちゃんは、親に世話をしてもらわなければ、生きていけないですし、それは、あたり前の…

人生にはいくつかの決まった形しかないような気がしている 朝は四本足、昼二本足になり、夜三本足になる

「坂の上の雲」というドラマがありました。司馬遼太郎さんの原作をもとに、NHKが制作し、数年をかけて、年末に放送した作品です。 人は生まれた直後から、ひとり歩き始めます。やがて目標を見つけると、その山の高みを目指して、ゆっくりと歩を進めます。途…

むかしコピーライター、いまアフィリエイター説 その後は?

三十年前、コピーライターという仕事にスポットのあたる時代があった。 コピー一行で三千万円。 高給な広告業界の中でも、ことばの職人として、多くの人が憧れた。 アフィリエイターは、コピーライターに似ている。 メーカーが開発した商品を、ことばやデザ…

マンションの売り時はいつか?

マンションの売り時はいつか。見極めるのは難しいものです。 これから人口が減っていく中で、家を買う必要はない、という意見があります。 これは一般論としては、そのとおりだと私も思うのですが、人によって状況は違うので、誰にでも当てはまるかと言えば…

ディズニーランド Club33 記念品 

33年前に、ディズニーランドのクラブ33へ行ったときの記念マッチが出てきました。日付の下に名前がプリントされています。(ペンの下に隠れています) 当時勤めていた保険会社のイベントに参加したときに頂いたものだと思います。 自宅の引き出しの奥か…

本をダンボール十箱処分した。アマゾンのキンドルは、ミニマリズムに貢献するか。 

CDのついでに、本も本棚七つ分くらいのものを、五つにまで減らしました。ブックオフで、全部で一万円を超える程度には、換金できたのではないかと思います。 本は引越しの都度捨ててきましたが、今回はじめてブックオフに持ち込みました。引越しの都度捨てて…

CDをダンボール三箱処分した。アレクサ、グーグルホーム、クローバーは、ミニマリズムに貢献するか? 

グーグルホームを購入したあと、アマゾンのアレクサエコーを購入しました。その後、ラインのクローバーを購入してみようかと思いましたが、結局のところ、まだ購入には至っていません。 私は、特にミニマリストというわけではありません。ただ、そろそろ子供…

ワールドカップが終わり、四半世紀前のJリーグ創設を振り返る

フランスが優勝して、ワールドカップが閉幕した。日本がベスト十六にまで勝ち上がり、毎晩テレビの前に釘付けになった。前評判はとても悪く、直前に監督が変わったこともあり、あまり期待もしていなかった。おまけに、対戦相手がどこも格上ばかりのチーム。…

CHACOあめみやのステーキ

千駄ヶ谷の駅の改札口を出る。目の前の交差点を渡ると正面に津田塾大学。左手に東京体育館が見える。そのまま真っ直ぐに鳩森八幡神社に向かい歩くと、東京体育館とプールの切れ間から、建設中の東京オリンピックのメインスタジアムが見える。 二年後の夏には…

カトマンズの見た夢 複雑系の国インド: インド・ネパール紀行

カトマンズの見た夢 ある夜夢を見た私。 導かれるようにネパールへ旅立つ。 カトマンズ空港のインフォメーション。 怪しい客引きに連れられホテルへ向かう。 市内のホテルと言われて連れて行かれたところは、郊外のゲストハウス。 市内までのあまりの道のり…

パパとふたりできかんしゃに乗ったよ: こどもとまなぶ

私にとって子供と過ごす時間は、なによりも楽しみな、かけがえのない時間でした。子供とお風呂に入り、食事をし、わが子を抱いてふとんに入ると、一日の疲れは消えて無くなっていました。子供の成長に従って、訪れる場所は変わります。最初は、近所の公園へ…

電動自転車で都内道路の走り比べ。山手通り◎、環七△、環八❌

環八、環七、山手通りを電動自転車で走ってみました。 パパチャリだと環八の車道は恐ろしくて走れません。直線はくるくる足を回してみても、メーター読みで最高30キロが限界。下り坂でも50キロが最高速。クルマは80キロくらいで走るので、歩道をのんびりとポ…

さあ家を買おう 都心の家と郊外の家 どちらを買う?

初めて買った不動産は、リゾートマンション。現金一括払いで購入しました。目的は子どもたちとの時間を楽しむこと。少しは値上がりを期待していたところもありました。しかし、相場は下がるばかり。今では電動自転車一台と同じ値段。結論:不動産は多くの人…

夢の先、夢の続きはどこへむかうのだろう

昔々、保険業界で働き始めたころ、同じ部で働いていた先輩が本を出版されたことがありました。仕事に関係のある内容であれば、どのような職場にでもあるお話ですが、本の内容は仕事とは全く関係のないミステリー小説。文学賞を取ってデビューしたということ…