麻布の生活

良い場所には、良い気が流れると言います。
元麻布、南麻布は昔から大名屋敷が並んでいた由緒あるお屋敷街。
街並みは美しく、行きかう人々も、落ち着いた方たちばかりです。

麻布十番には、昔ながらの商店街が並びます。
麻布十番だからと言って、気取ったお店ばかりではありません。
気軽なお店から、敷居の高いお店まで様々です。

そんな麻布に暮らして、早8年。
東京生まれの東京育ちですが、ずっと山手線の外側で育ちました。

麻布に住むことになったのは、たまたまネットで見かけた不動産広告がきっかけでした。
子供達が大きくなって、借りているマンションが手狭に。
そこで家を探し始めたのですが、東京郊外の一戸建ては、駅から遠くて、予算に収まらない。
マンションも探しましたが、なかなかピタリとくるものがない。

都心の物件を検索したところ、郊外の一戸建てと変わらない値段で、マンションなら買えることがわかりました。
それからは、方針を変えて、都心の物件探し。
安価な物件には、それなりに理由があるものです。
日当たりが悪かったり、間取りが悪かったり。

色々と見て回り、譲れない条件を外さずに、ようやく見つけたのが、今の家。
なので、愛着もひとしお。
家そのものもお気に入りですが、なんと言っても環境が良い。
麻布に住む、ということは、麻布の街での生活を手に入れるということ。
そう思うようになりました。

麻布に住むと、良い人、良いもの、良い施設が身近になります。
こどもたちが生活するための環境も、港区は都内でも最高水準。
しかも、そのような生活を送るためのハードルは、想像するほど高いものでもありません。
ローンの支払が少し増えるかもしれませんが、交通費などがかからなくなります。
食費や生活費なども、それほど高くなるものでもありません。
具体的な内容は、ぜひ本書を読んで確かめてみてください。

麻布に住むと、自宅を中心に生活が回るようになります。
通勤時間がまるごと自分の時間に変わります。
仕事帰り、六本木ヒルズの展望台に上り、星空を見る。
森美術館の会員になり、オープニングレセプションに出席する。
サントリーホールのコンサートに立ち寄ってから帰る。
週末の六本木や表参道も、人の集まる場所から少し外れると、都心とは思えない緑豊かな静寂が待っています。

住んでみたいと考えているあなたに、住むと見えてくる、麻布の生活あれこれを書き綴ります。
この豊かな時間の流れを、あなたもぜひ味わってみてください。

 

麻布の生活

麻布の生活