別荘を買って気づいた大切なこと

各地のリゾートマンションが、お手頃な価格で販売されています。
そして、ネットにはそれに対する意見が数多く書かれています。
でも、そこには利用者の視点がなく、購入しようとしている人のために本当に大切な情報が見当たりません。

実際に使っている人からすれば、別荘の何が良いのか、わからないままに、情報が書き立てられている、といった印象です。

フランス車は壊れやすい。壊れると修理代が高い。エアコンが効かない。
昔、フランス車を買うときに、周りから数多くのアドバイスをいただきました。
結果は、その通りでした。
でも、それを補い余りある喜びがありました。その喜びを事前に伝えてくれたのは、その車に乗っていた方たちでした。

老齢に差し掛かったある奥様が、時々一人で別荘を訪れる。そんな話を以前聞きました。
当時、私は購入したばかりで、出かけるときはいつも家族と一緒。
一人で別荘へ行くことなど考えられない状況でした。

一人で新幹線に乗り、泊まって静かに過ごす。それが一番好きな時間。
その奥様は、そう話していたそうです。

当時、その心境が私にはわかりませんでした。
でも、いまなら、少しわかるのです。

子どもの頃から、両親と訪れていた別荘。
やがて、結婚して子どもが生まれる。
家族とともに、いくつもの季節を過ごし、やがて一人で訪れるようになる。
そこには数十年分の想いや時間の蓄積がある。

条件の良い物件が出たから買い換えよう。
古くなったから新しい所に引っ越そう。
別荘は、そのような類のものではないように思います。
その部屋、その建物、その庭から見える角度の風景、でなければならないのです。

それは、他には取って変えられないものなのです。

別荘を販売している営業の方、別荘のある地域を管理している役所の方、
別荘を買ってみたいけれど、悩んでいる方。

本書が、そのようなみなさまの一助になればと思っています。

 

別荘を買って気づいた大切なこと

別荘を買って気づいた大切なこと