テーマパークの国 北朝鮮

近くて遠い国。最近色々と話題の国。その正体がなかなかわかりにくい国。
朝鮮民主主義人民共和国

世界中様々な国を訪れた人でも、北朝鮮に行ったことのある人は希少です。
私自身、帰国後、北朝鮮に行ったことのある人にまだお会いしたことがありません。

そこで体験した出来事は、かの国を理解したい人には、貴重な出来事ばかり。実に不可思議なハプニングの連続です。
帰国直後は、あまりにも生々しく、身の危険さえ感じたので、しばらくは忘れていることにしました。

会う人会う人、この時のことを話すと、身を乗り出して続きを聞きたいと言います。であれば、もっと多くの人に知っていただくことも大切なことではないか。最近になって、そう思うようになりました。
特に、日朝間の問題として拉致問題が浮上している今、北朝鮮がどのような国であるかを理解することは、日本に住む者として、必要なことではないかと考えています。

一般的な旅行記は、ウェブに溢れています。
従って、具体的な旅情報については、特に触れていません。

「自由」が大きく制限された生活とはどのようなものか。
国民が行使すべき様々な「自由」を、権力者がどのように管理しているのか。
情報統制が進むと、どのような社会になるのか。
旅をしていると、このような疑問が湧いて来ました。

日本には、空気のようにどこにでもある「自由」というものが、
旅の中で、北朝鮮の様々な不自由の中から浮き上がって来ます。
そして私たちは、そこから、日本の未来の姿を考える必要がある。
そう思うのです。

不思議なことが次から次へと起きる北朝鮮の旅。
旅は、空港からではなく、申し込んだ直後、日本国内から始まります。
それも、日常生活の中にいつの間にか忍び寄ってきます。
さて、どんな風に始まったのか。
まずは、パスポートの申請からお話は始まります。

 

テーマパークの国 北朝鮮: 平壌の青空の下 自由とは何かを考えた

テーマパークの国 北朝鮮: 平壌の青空の下 自由とは何かを考えた