不動産価格が高くなり過ぎたときは、ひとまず買うのをやめて借りてみるのはどうでしょう

 家を借りるという方法もある

 買うことばかりがメディアに取り上げられるのは、やはり儲かる会社が多いから。家を借りてもらうよりは、新築物件を建てて、買ってもらうほうが、経済効果は上がります。

 特に景気を良くして、給与を上げて、購買力をアップしてと、国を挙げての大騒ぎの最中なので、家は買わずに借りましょうとは、誰も言いません。

 しかし、そんな時だからこそ、冷静に考えてみましょう。

 不動産の価格が上昇傾向にある場合でも、家賃相場はそれほど急騰しません。いまでもその地域に住んでいる人がいるし、その地域で家を借りる人が払える家賃の相場というのも、そう変わらないからです。

 不動産を購入する人は、個人であれば、たいていの人がローンを組みます。数千万円の不動産が値上がりして、数百万円高くなったとしても、月々の支払いに分散してしまえば、数千円の違い。金利の違いの方がよほど影響は大きいのです。

 不動産価格が上昇傾向にあるときは、購入したほうが良いでしょう。利益の出る可能性があります。でも、下降局面にあるときはどうでしょう。高いときに買ってしまえば、あとは下がるばかりです。

 問題なのは、たとえ下降局面になったとしても、不動産価格が下がり続けている最中だから買うのはやめなさいと、誰も言わないことです。

 わかっている人は黙って買うのを控えますが、自分の頭で考えない人は、安くなったときがチャンスです、今こそ買いだ、という宣伝コピーに惹かれて購入します。そして、さらに価格が下落してソンをします。

 もしもそこから上昇局面に入るのであれば、タイミングとしてはベストですが、そうでなければさらにずるずると値段は下がります。

 それでも、当初決まったローンの返済を続けていれば、その家には住み続けられますので、無理のないプランであればそれはそれで良いでしょう。しかし、そこに少しでも無理があれば、家を手放すばかりか、負債まで背負うことになってしまいます。

 不動産価格が安いときに買って、高くなったら売る。その後は、価格が下がるまで賃貸住宅に住む。そして、底値でまた買う。そして、再び値段が上がって、ピーク直前で売る。これができれば、誰でも不動産王になれますが、これはなかなか難しいことです。

 底値のときはもっと下がるのではないかと心配になり、高値のときにはもっと上がるのではないかと欲が出る。欲がないと成長しないし、欲はありすぎると身を滅ぼす。

 吾唯足知。

  

ライフプランニング 初級編

ライフプランニング 初級編

 
麻布の生活

麻布の生活

 

 

 

 

デビットカードもクレジットカードも使いやすさは変わらない。でも・・・。

大学生の頃からのクレジットカードの愛好家ですが、最近クレカの使用を控えています。

理由はマイレージサービスの魅力が薄れたから。

ポイントでマイルを貯めようとして、せっせと数十年間クレカを使い続けてきました。しかし、最近の格安航空会社の航空券のあまりの安さに、考え直したほうが良いかもしれないと思い始めました。

マイレージサービスを利用すると、ほぼノーマルチケットと同じ条件で使用できるというメリットはあるものの、たいていの場合、決まった日時で決まった日数を使用するだけ。途中で日程の変更など、大学生のとき以来一度もありません。であれば、日にち指定の格安航空券で良いのではないかと思い始めたのです。

代わりに使い始めたのが、デビットカードソニー銀行デビットカードスルガ銀行デビットカードなどを使っていますが、口座にある金額しか使えない仕組みです。使いたくない分は、定期預金などにしておけば、使うお金と使わないお金を分けておくことが出来ます。

キャッシュバックという制度があり、使った分の0.5~2%ほどを後で返してくれるのも魅力。クレジットカードと比較すると、返金率はだいたい半分ほどにはなりますが、現金というところが良いところ。マイルで旅をすることが少なければ、毎月現金で返してくれるほうが魅力的です。

一方注意も必要です。

いままでは、クレジットカード会社に使用の履歴が残りました。しかし、デビットカードの場合には、銀行に履歴が残ります。つまり銀行は、デビットカードの使用者の行動履歴、カードの利用状況をすべて知ることができるのです。

どのような店に行き、どのようなところへ出かけているか、全てわかります。

銀行の融資の判断に必要な情報が、自動的に何もしなくても入る仕組みというわけです。今まではクレジットカードで延滞がなかったかどうか、という確認しか出来ませんでしたが、銀行がお金の使用状況を全て把握できるようになるというわけです。

私自身は、大学生の時以来一度も延滞したことはありませんが、クレジットカードというのはつい使いすぎてしまうもの。

デビットカードはどうかというと、口座に入っている金額までしか使えないので、クレカで使ったことを忘れてしまいがちな人には良いかもしれません。でも、使いやすさはクレジットカードと同じ。さっとサイフから出して使えてしまいます。

これが現金払いだと小銭が増えるし、サイフが重くなるからまた今度にしようかなと、買うのをためらうようなときでも、デビットカードだと、すっと支払えてしまうので、クレジットカードと全く使用感が変わりません。

翌月には現金で返してくれる点は魅力的です。50万円くらいの買い物をすれば、1%のキャッシュバックで5000円戻りますので、大変得した気分になります。

デビットカードのキャッシュバック率は、金融機関によってかなり違いますので、発行の際にはよく調べることをお勧めします。

 

ライフプランニング 初級編

ライフプランニング 初級編

 

 

 

北朝鮮のミサイル

北朝鮮へ行ったときの話をまとめてアマゾンで販売しています。

思い出した頃に一冊、といったペースでどなたかにご購入いただいています。

ところが、最近、北朝鮮がミサイルを発射することが多くなってきたからでしょうか。毎月数冊ずつ、売れるようになりました。

これはこれで嬉しい限りですが、心配なのが世の中の空気。

私の本など一冊280円ほどのものなので大したお金が動くわけではありませんが、軍需産業の製造するさまざまな重機は、そのほとんどが億単位。

首相官邸で総理大臣が、「断じて許せません。強く抗議します」とテレビに向かってPRする都度、防衛省三菱重工などと、会議を増やしていくのであろうなあと想像をたくましくしています。

三菱重工も民生用の国産ジェット機MRJの開発がうまく進んでいないようなので、確実に予算化される軍需用の戦闘機を作って儲けようと変な方向へ議論が進んでいないと良いのですが。

むかし、丸の内の三菱重工が爆破されるという事件が発生しました。

今は平和な時代となりそのようなことも起きなくなりました。

そんな時代に逆戻りしたときのために、今日も法案整備を進めているのでしょうか。

 

 

テーマパークの国 北朝鮮: 平壌の青空の下 自由とは何かを考えた

テーマパークの国 北朝鮮: 平壌の青空の下 自由とは何かを考えた

 

 

 

ヤマハ 電動自転車 VIENTA 5購入。早速荒川サイクリングロード80キロ試し乗り

買い物用の自転車のブレーキの調子がおかしくて、そろそろ買い換えようと思っていました。

たまたま通ったイトーヨーカドーの店頭で電動自転車の旧モデルが格安で売られているのを発見。前から検討していたモデルだったので即購入。

ママチャリタイプではないので、走りやすさは大いに期待できます。

エコモードで52キロ走れるようなので、今までのママチャリよりも、バッテリーの持ち時間も良さそうです。

 

f:id:arisugawag:20170528193733p:image

 

購入したあと、そのまま荒川のサイクリングロードで試し乗り。

電動ママチャリで妻と二人で、大宮あたりまでは行ったことがあります。

でも、その先はまだ行ったことがありません。

f:id:arisugawag:20170528195014p:image

 荒川のサイクリングロードは、東松山の先の森林公園まで続いているそうなので、つぎはしっかりと準備をしてから行ってみたいと、思います。

中学生の頃は、秩父辺りまで何の苦もなく往復していたのですが、本日は片道三十キロを越える頃から、足に疲れが出てかなりへばってしまいました。

巡航速度はおおよそ時速20キロ。実に遅い。

5速の一番重いギヤで巡航すると、ちょうどそれくらいで走るように設計されているようです。

時速20キロで走るとパワーアシストは全く効かないうえ、ロードレーサーの倍の車重20キロ以上ある重い自転車をこぐので、足に与えるダメージは、結構大きいです。

でも、ダイエットには良いかな。帰ってきて体重計にのったら、出発前から2キロ減っていました。

 

結局、桶川の本田航空の飛行場の先、圏央道まで行って、そこから帰ってくることにしました。

圏央道まで家から往復80キロ。最後は電動アシスト強モードで、何とか家までたどり着きました。

 

葛西臨海公園まで高島平から35キロ。

森林公園の方がちょっと遠そうなので、次は葛西臨海公園まで行ってみようと思います。10年くらい前に、小学生だった長男と自転車で一度行ったことがあるので、まあ、そんなに大変ではないはず。

上流方面の森林公園は、距離があるので、また時期を見て、チャレンジしたいと思います。

 

 

副業→複業のすすめ

明治維新の後、福沢諭吉学問のすすめを説きました。
それから百五十年。
日本人の二人に一人が大学へと進学します。
学ぶことが当たり前となったいま、次の時代を切り開くのは、労働力のシェアリングサービスである副業です。

福沢諭吉自身も、現在幼稚舎のある場所で、精米、製薬用の水車小屋を、慶應義塾運営の傍ら経営していました。
理財に強い慶應義塾は、福沢諭吉のこの副業によって、当初支えられていた、と言えるかもしれません。

副業のポイントは、自身の労働力を三つのしくみに使うことです。
 A 会社員
 B 法人株主
 C 個人事業主

副業は、個人の労働力のシェアリングです。
時間をどのように最適化するか、ということです。
これはワークシェアリングではありません。
仕事を分けるのではなく、自身の労働力のポートフォリオを考えるものです。

A.会社員は、労務を会社オーナーに提供します。
B.法人株主は、オーナーとして、法人を所有します。
C.個人事業主は、スモールビジネスを実験的に手がけます。

例えば、ブログ、アフィリエイトなどのスモールビジネスは、Cになります。
Cを大きくして、Bにして、Aをやめる、というのが多くの人の考えるゴールです。
しかし、それぞれに難しさ、特徴があり、それぞれの立場になって初めて見えてくることがあります。

多くの人は、Aだけで人生のほとんどの時間を過ごします。
私は、AとBとCがあったおかげで、何度も危機を乗り越えることができました。
もしも、BとCが無ければ、自宅と別荘を持ちながら、二人の大学生と高校生の学費を払うことは出来ませんでした。 

だれでもいつかはAの立場を失います。
その日のために準備をしておくことが、不安定なこの時代を生き抜くために、必要なことなのではないかと思います。

 

副業のすすめ: 労働力のシェアリングサービス

副業のすすめ: 労働力のシェアリングサービス

 

 

シェアリングエコノミー

シェアリングサービス、シェアリングエコノミーが、広がりを見せています。
シェアすること。つまり日本に昔からあった、おすそ分けにも似た仕組みです。
いままでも、図書館での本の貸し出し、ビデオレンタル、レンタカーなど、貸し出しサービスは、数多くありました。
それらは主にモノの貸し出し。モノを借りるというサービスです。

しかし、最近登場しているサービスは、今までと同じモノを貸しているのに、少し違うようです。

例えば、クルマの貸し出し。カーシェアリングとレンタカー、何が違うのでしょう。
レンタカーはクルマの貸し出し。カーシェアリングもクルマの貸し出し。どちらも同じようなサービスに見えます。

しかし、実際に借りてみると、今までにないクルマの使い方、それによって得られる新たな体験を購入していることに気づきます。
レンタカーも、ドライブという体験を購入しているのではないか。そんな考えも浮かぶことでしょう。
しかし、実際に借りてみれば、その体感の違いは大きく、パソコンをスマホに替えたときのような違いです。

パソコンでメールを送受信するのと、スマホで送受信するのでは、メールの文を読むという意味では同じです。
しかし、どこでも使えるということで、スマホの登場は人々のライフスタイルを一変しました。
パソコンでも、動画は撮れるし、チャットもできる。
でも、スマホなら持ち歩いて、山の上からでも送受信できます。
パソコンでも出来ますが、それなりの根性が必要です。

実際に使ってみて、どのような点が違うのか、感じてみましょう。
そして、そのサービスが、人々の行動と考え方に、どのような影響を与えるのか、考えてみましょう。

そして、最近勢いを増しているのが、シェアリングエコノミー。
今までのレンタルサービスで、個人は借りるだけでした。
しかし、これからは個人が貸す時代。
個人の資産をシェアして貸すとは、どのようなことなのか。
カーシェアリングでクルマを借りて想像してみましょう。

カーシェアリングを体験すると、シェアリングエコノミーの秘める力、大きな可能性を感じることができます。

そして、シェアリングエコノミーが、未来の社会をどのように変えていくのか。
企業にしかできなかったことが、個人にもできる時代。
私たちに何ができるのか。
これから生まれてくる新たなシェアリングサービスを一緒に想像してみましょう。

 

 

 f:id:arisugawag:20170531082923p:image

 

天津大爆発

天津を訪れたのは、大爆発があった直後、ひと月後のことでした。
目を開けて外を歩くことの出来ない状態でしたが、現地の人々は何事もなかったかのように外を歩いていました。

北京近郊の天津は、どちらかといえば、北京の近くにありながら、北京の影に隠れて、訪問する人の少ない街です。
しかし、それではもったいない。
実際に訪れてみると、欧米諸国が植民地化した時代の建築物が残り、第二次大戦に至る近現代史を見ていく上で、欠かせない見どころが数多くあります。

上海は経済発展が急激に進んだため、往時の雰囲気が雲散霧消してしまったと感じています。
しかし、天津には、まだ租界だった時代の空気が色濃く残っています。

 

天津旅行記: 天津ミニガイド 旅の前にちょっとひと読み

天津旅行記: 天津ミニガイド 旅の前にちょっとひと読み

 

 


本書では、そんな天津の街歩きのヒントをまとめてみました。

一般的な情報はウェブの検索で見つけることが出来ます。
例えば、地下鉄の運賃や運行時間の情報。
でも、本当に知っておきたいことは、地下鉄の券売機で百元紙幣が使えないことや、改札口周辺には両替できるお店がない、といったこと。
事前に知っていれば、無駄な時間を使うこともなく、駅へ向かう前に準備が出来ます。

そんな渡航前に知っていて良かった、役に立つ情報もまとめてみました。

ぜひ天津でのご旅行に、お役立ていただければと思います