企業は副業しているのに個人はなぜしてはいけないのか。総合商社は副業だらけだ。

副業を考えるとき、 投資のポートフォリオに置き換えて考えると分かりやすい。

 

投資の鉄則に、卵は一つのかごに盛るな、というものがある。

ひとところに卵を重ねて置くと、カゴをひっくり返した時には、すべてが失われる。

置く場所は分けておいたほうが安全だ、というものだ。

 

これに例えると、投資するときには、外国株式、国内株式、 海外債券、公社債などに分散して投資したほうがよい、となる。

この観点からすれば、一つの企業で働き続けることはリスクだ。

 

f:id:arisugawag:20180816130426j:image

 

分散投資か集中投資かは、その人の考え方に依存するので、 どちらが良いとは言えない。しかし、投資される側からすれば、 できるだけ多くの資産を自分の会社に集中投資してほしい、 ということになる。

 

従って、会社が従業員に対して、副業をするな、 ということは理にかなったことで、自然なことだ。できる限り、 自社の業務に集中して、利益を生む行為をしてほしい。

 

一方、従業員の立場では、 できるだけ自己資本分散投資したほうが、リスクは減る。 これは、自己の労働力を提供することにとどまらず、 不動産の運用、資金の運用、ありとあらゆる「資本」 の分散に通じる。

 

しかしながら、利益を上げるには、 最終的にはある時点で、一点に集中投資することが求められる。手持ちの資本を全て注ぎ込んでこそ、利益を最大化できるのだから。ポートフォリオの組み替えはなかなか難しいものだが、資産の性質に合わせて、集中投資の時期をずらせば、 それぞれの副業で、それなりの成果を得ることができる。

そうした観点から考えると、常に機敏な対応を行うためには、ポートフォリオに多様な要素を含むべき、ということになる。これこそダイバーシティーが現在の社会で求められている理由ともなる。

新しい潮流は常に本流から外れた異端から産み出される。民主主義に求められる、異なる意見を尊重するという原則は、ここからも、理に適ったことであると言うことができる。

初めから持てる選択肢を捨て置くという手はない。広く総合商社のように守備範囲を広げておいて、集中すべき時に、集中すべき分野に投資すれば良い。これは、自己の労働力を提供する場合にしても、 資産運用をする場合にしても、原則的に変わらない。

 

日本の場合には、 あまりにも過度に人的資本が集中固定化し、移動しにくい。 その背景には一所懸命が美徳とされる文化があり、 そのため、何もかもが変わりにくくなっている。悪く言えば、日本人の一所懸命は、ただの面倒くさがり、とも言えるかもしれない。実際にやってみればわかるが、常にいくつものまるで違うことを同時並行して行うマルチタスクは、なかなかしんどい。どんなに大変かは、子育て中の働く女性を見ていればわかる。働くお母さんは常に副業状態だ。

 

変わり身が早いという言葉は良い意味で使われることはない。しかし、変化できるものこそが、生き残っていくことは、 自然界の法則として明らかだ。明治以前であれば、 日本が変わらなくても生きて来られた。 島国で他国からの干渉もない環境があったからだ。しかし、 江戸時代の鎖国が成立した状況と現在とでは、 明らかに環境が異なる。

 

地球上の時間的距離が狭まる中で、日本も変わらないと、 世界の潮流からますます遠く離れていく。しかしながら、 このままガラパゴス諸島の珍獣のように、 日本が生き残るということも、 一つの戦略なのかもしれないと、 最近は思うようになった。もちろん生き残るとは限らない。ガラパゴスは運が良かっただけで、ほとんどの場合、変化できないものは絶滅するのだから。日本企業の作る携帯電話は、世界市場では見事に絶滅した。

f:id:arisugawag:20180816130232j:image

プラハの春 再び

プラハの春

二十三年ぶりにプラハを訪れた。結婚直前に妻と訪れて以来になる。

当時はまだ街灯の明かりも薄暗く、夜のカレル橋は霧の中にぼんやりと浮かんで実に幻想的だった。

 

f:id:arisugawag:20180813131701j:image

 

あれから二十三年がたち、翌年生まれた長男も既に大学生だ。

母は今年八十歳になる。

長男の就職が決まった話をすると、体が動くうちに記念の旅行を一緒にしたいという。数年前に亡くなった父と行きたかったプラハはどうか、というので調べてみると安い。ということで、行き先はプラハに決まった。

季節は春から夏に変わる直前。緑が眩しい。

 

f:id:arisugawag:20180813131629j:image

 

 

プラハ城へ向かう坂道は、急な登坂で、八十の母にはとても厳しい。その母の後ろを大学生になったわが子が後押しする。階段を上るときには、腕を取り、ときどき一緒に立ち止まる。眼下に広がるプラハの街を見下ろす二人を見ていると、季節が一巡したあとのように、以前妻と二人で同じ坂道を上ったことを思い出す。

 

f:id:arisugawag:20180813131922j:image

 

まだ結婚する前で、でも結婚しようと二人の間では決めていた。その時は夕方で、既に街の明かりも少しずつ点いていたと思う。妻と二人で街を見下ろした、その同じ場所で、わが子とわが母が一緒に街を見下ろしている。こんな日が来るとは思ってもみなかった。

 

f:id:arisugawag:20180813132027j:image

 

旅はその旅だけで終わるものではない。また再びその場所を訪れたとき、思い出がそこに重なり、またその場所に記憶が積み増していく。訪れた時は違えども、妻との思い出、わが子と母との思い出。それぞれ二つの光景が、その場に重なった。

Windows95が出た頃

今週のお題「わたしのインターネット歴」

 

九十年代のお話。新卒で就職してしばらくたった頃、システム会社に勤め始めた友人との話。

メールという便利なものがあるんだよ。

企業にメールを使うことを勧めているのだけれど、なかなかわかってもらえない。

それはどんなものなの?

FAXのように文章が送れるんだけれど、パソコン上で見られるんだ。それも紙を使わずに、電話のように受け答えができるんだ。世界中どこにでも、瞬時に送れる。

費用が高いんじゃないの?

使用料はかからない。無料なんだ。もちろん導入費用はかかるよ。でもいくら送ってもただなんだ。いつでもすぐに相手にメッセージが届く。

そんなうまい話、誰も信じないよ。怪しいな。

そんな話をしていたのが、九十年代のはじめのころ。地球の裏側に連絡するときは、KDDのオペレーターに頼んで電話をしていた人がまだいた時代。

やがて、しばらくして、OSでウィンドウズ95が発売されることになり、ビル・ゲイツが横浜で講演会を行うことになった。早速その友人と話を聞きに行った。この頃私はマックを使い始めており、メールも使うようになっていた。でも、携帯電話はまだ本格的には普及しておらず、電話機本体が十数万円。通話料が数秒で十円かかっていた。庶民が節約のために、ポケベルと携帯電話を併用していた頃だ。

ビル・ゲイツの話を聞いてみても、ウィンドウズがマックとどのように違うのかよくわからなかったが、ウィンドウズ95の発売を境に、マックとウィンドウズの立場が逆転し始める。

ウィンドウズ95が出るまでは、会社でもパソコンよりはワープロを主に使用していた。ワープロとパソコンの違いを理解している人は、ほとんどいなかった。

メールを送信すると、電話回線を通じてモデムがプロバイダーに繋がり、ピーヒョロヒョロと音をたてた。つながったことを確認してからメールの送信ボタンを押すのだが、送信される文字が、画面上で走っていくのが見えた。文字通り画面の上で行ごとに流れていくのだ。ミミズがにょろにょろと走るかのように。

それがわずか二十年前。これから二十年もすると、今まで以上に劇的な変化が起きるのだろうな。誰も通勤しない時代がやってきて、PCにはモニターもなく、自宅に仕事部屋を持ち、通わずに働くことが一般化するような気がする。

f:id:arisugawag:20180805124800j:image

最近、ちょっと先走ってそんな生活を始めている。

 

 

快適な香港の空港でミッションインポッシブル フォールアウト。日本の空港2020は大丈夫かな。

    今週月曜日の深夜、香港の空港で最新作ミッションインポッシブル フォールアウトを見ました。日本国内は今週から公開だったのですね。先ほど新聞を見て気づきました。

    日中の時間帯であれば、空港へ二時間くらい前に着いて、チェックインをしたらそのまま搭乗口へ向かう、というのが通常のプロセスと思います。ところが、今回の香港旅行は、格安ツアー。最終日は朝ホテルをチェックアウトした後、飛行機の出発は翌日の午前二時。つまり丸一日近くありました。

    日中は暑いので、涼しい博物館を二つはしごしました。午前中に一つ。午後に一つ。その後、博物館の近くにあった街中のデューティーフリーショッパーズで買い物を済ませようかと思いましたが、中国大陸からの観光客でごった返しており、香港旅行の主役は今やすっかり中国大陸の方々となり、そこに日本人の影も形もないことだけを確認して、早々に退散。ホテルに荷物を取りに戻りました。

f:id:arisugawag:20180804105818j:image

 

    外国は普段暮らしている国とは違うシステムで運営されているので、慣れるまでは電車に乗るのも、買い物をするのにも、失敗がつきものです。乗り過ごしたり、降りるところを間違えたり。具体的な買い物や、町歩きなどもせず、何をしていたというわけではありませんが、結局空港に着いたのが、午後七時前。

    空港へ向かう途中、空港のホームページを検索しているときに見つけたのが、空港にある映画館。午後七時からミッションインポッシブルが上映予定。日本でも見ようとは思っていましたが、混雑すること必至。ここで見なくていつ見るのだ、ということで、上映開始十分前に、旅行バッグを抱えたまま、映画館へ入りました。なんと、さすが空港の映画館。通路側の席にはトランクが三つくらい置けるスペースが各列にありました。

    字幕が中国語なので、英語がよくわからないところも、漢字表記でなんとなくわかります。文法の語順も英語に似たものなので、日本語表記よりもかえってわかりやすいような気もしました。

    映画が終わって時計を見てみれば、もうすぐ午後十時。出発まであと四時間。その後、プライオリティークラブのラウンジに移動してシャワーを浴びて、ゆったりとくつろぎました。チェックインしたあと、出国審査を終えたところにあるラウンジは一般的ですが、香港は出国前、航空会社のチェックインカウンターの手続き前にもあり、利用できて便利です。

f:id:arisugawag:20180804105918j:image

    成田空港や羽田空港の場合、空港の中で有意義な時間を過ごせる場所はあるのでしょうか。小さなお店はいくつかありますが、どれも小規模。日本の空港も、もっとエンターテイメントの要素を取り入れた方が良いと思いました。

    シンガポールカタール、香港と国際ハブ空港をここ数年で回りましたが、日本の空港は明らかに東洋の外れの田舎然とした存在になっています。日本の存在をもっとアピールできる空港づくりが課題だと、2020年の東京オリンピックを前に感じました。

 

都市対抗野球

    都市対抗野球の中継の仕事をしたことがある。スポーツチャンネルの制作部で番組制作の仕事をしていた、まだ二十代の頃だ。

    東京ドームの中で試合は行われているのだが、番組そのものは制作会社に制作を委託している。なので、我々発注側のスタッフは作っているのを外で見たり、送信がうまく行っているかをモニターを眺めて確認をしているだけだ。

    確認といっても、ずっと野球の試合が流れているのを見ているだけで、特にすることもない。ずらりとモニターが並ぶ副調整室というところで、送出用のラインが通るモニターをじっと眺めて、野球の試合が滞りなく放送されていることを確認するのが仕事だ。

    時々、土砂降りの雨が降ると画像が途切れる。東京ドームは快晴でも、三万六千キロ上空の衛星までの間に、雨雲があり雨が降っていると画面にノイズが入る。NHKのような大組織であれば、東京から札幌に送出元を瞬時に切り替えることによって、何事もなく放送が続けられるのだが、当時はCS放送が始まったばかりで、我々は資金力もなく、画面にノイズが入っても、打つ手もなく、文字通り天に祈るしかなかった。

    モニターを見ているだけだとつまらないので、時々ドームの中へ試合を見に行った。基本的にはモニターを見ていなければならないのだが、それは建前というもので、制作会社のスタッフもモニターは見続けているので、局側の人間が本当はいてもいなくてもどうということはない。何かあれば携帯電話で呼んでもらうことにして、ドームの中を時々散歩した。

    東京ドームの送信設備は実は球場の外の、遊園地のすぐ脇にある。妙なところに階段がありそこを降りて行くと、モニターがずらりと並ぶ部屋があるのだ。そこは、ケーブルテレビ会社の施設でもあるので、ケーブルテレビ会社の人は二十四時間体制でモニターを監視していた。

   そんなところにあるので、球場へ入るためには、一度外に出て、暑い中を小走りに移動して、ドームの中へ入る必要がある。

   都市対抗野球都市対抗と言いながら、実際は野球部を持つことができる大企業のイベントだ。日本を代表する企業の名前のついたチームが、いくつも出場しており、会場の外では、次の試合のチームの会社の人たちが、スーツ姿のまま応援に来ていたりした。

    既に平成の時代にはなっていたけれども、企業の一体感を高めるために行われている会社尽くしのイベントは、昭和の原風景と言えるかもしれない。

    最近は野球自体がサッカーに押されて、地味な印象だけれども、都市対抗野球のニュースを見ると、東京ドームに通っていた日々が思い出される。

    返す返すも、仕事には楽でまあまあ楽しく給料の良い仕事と、大変で苦労が多い割にまるで給料のもらえない仕事があるのだと、つくづく思う。

 

 

リゾートマンション

   これだけ暑い日が続くと、涼しいところへ行きたくなる。となると、我が家の場合向かうのは、リゾートマンションのある新潟県湯沢町の苗場となる。でも、今年の夏はプラハ軽井沢と香港へ出かけたので、まだ行っていない。

    苗場にリゾートマンションを買ったのは、三人の子供が生まれて五人家族となったから。五人家族でホテルを泊まり歩くのは、経済的にかなりの負担となる。初めはキャンピングカーを買おうかと思った。でも、リゾートマンションは不動産だから、相場が回復してまた価格が上がるかもしれないと思いリゾートマンションにしたのだが、思惑は大きく外れた。

f:id:arisugawag:20180801201448j:image

    バブルが弾けた後ということもあり、かなり安くなっていた。当時はワンルームが二百万円くらいだった。それが今では十万円で買える。しかしよく考えてみてほしい。バスタブだけで数十万はする。トイレもシャワーも付いている。それも、投資目的の部屋だとほとんど使われていない。それが電動自転車より安いのだ。これはどう考えてもおかしい。でも買う人がいない。実際に買って使ってみると、人生がこんなにも豊かになるのかと思うが、大抵の人は踏み出せない。

    まず、買ったら最後、売れないのではないかという恐怖。高い管理費を払い続けなければならないという刷り込みがあるようだが、私のところは水道代込みで月一万円だ。家族の使うスマホの通信費の方がはるかに高い。

    今は人気がなくても、使い道さえできれば、再び価値を持つ。例えば、総務省が推進しているテレワークの拠点とする。企業が夏の間苗場でテレワークを実践すれば、不動産の価値が出る。在宅勤務の代わりに、涼しい高原で仕事をすれば、仕事ははかどるし、家族を同行すれば、朝、昼、晩と、高原でリゾートライフが家族と共に楽しめる。

f:id:arisugawag:20180801201714j:imagef:id:arisugawag:20180801201752j:image

    このようなことは誰でも考えつくことだが、湯沢町の動きは鈍い。不動産価格が下落したのだから、固定資産税を下げるべきだが、町の税収の多くが消えるので、しない。かといって、町に価値をもたらす対策を講じるわけでもない。

    山を越えた隣の町では移住フェアーを東京で行なっている。そこでは、二千万円以上の値段で宅地を分譲している。その隣の湯沢町で十万円も出せば買える不動産が数多くあるのだから、何か町として動けば良いのに、何もしない。越後妻有アートトリエンナーレにも、湯沢町は参加していない。民泊も出来なくしてしまった。もともと不動産の価値がないのだから、これ以上もう下がりようがないのに、メディアから流れてくる都心の状況を自分たちに当て込み町をあげて民泊に反対する。自分たちの状況が見えていない。

f:id:arisugawag:20180801202215j:image

    経済成長の著しい、暑い東南アジアの国々の人たちにとって、涼しい高原は、とても魅力的だ。台湾の台北でJRがガーラ湯沢スキー場の広告を出しているのを見た。同じように案内をすれば良いのだ。湯沢町長に今度話に行ってみようかな。

    

ハンディキャップを埋めたエアコンとメガネの発明。攻殻機動隊とマトリクスの世界。

 熱中症についての報道が連日続いている。気温が四十度近くにまで上がると、三十度前後の夏に慣れている体にはきつい毎日となる。

f:id:arisugawag:20180731162701j:image

 先日香港へ行ってきたが、気温は日本と同じ程度。しかし、熱中症になるので外で活動するな、といった呼びかけは聞かない。路面はアスファルトではないので、足元から熱せられるような、フライパンの上にのったような暑さはない。海が近いので、海風が吹くということもあるかもしれない。しかし、高層ビル群は日本以上の高密度でそびえたち、人口の密集度は日本の比ではない。

 日本は大戦後、高度経済成長と呼ばれる奇跡の復興を遂げた。そして、それは日本人の勤勉性に起因していると、信じ込んでいた節がある。しかし、人の行動がその土地の気候風土に起因すると考えれば、その土地が赤道へ近づけば近づくほど、生産性が落ちていくのは、自然の摂理と考えられる。

 しかしながら、ここの所のアジア諸国の発展ぶりは、日本経済の停滞を横目に著しいものがある。暑ければ人の活動は鈍り、生産性は落ちる。今年の日本の夏であれば、午後二時前後に屋外で肉体を酷使する作業を行うことは、命の危険性さえあるだろう。しかし、この日本の夏のような状況が一年のほとんどを占める熱帯地方のいくつかの国々では、にもかかわらず著しい経済発展を遂げている。

f:id:arisugawag:20180731162740j:image

 旧来からある仕事、例えば屋外作業などは今まで通り変わらず暑い中で行われる。しかし、機械化が進み、穴を人がショベルで掘る光景は見られなくなった。パワーショベルを使った穴掘りが一般的だろう。掘り出した土砂を運ぶのはトラックだ。人が直接運ぶことはほとんどない。屋外作業とはいえ、機械化が進み、人への負担は減っている。

 頭脳労働については、室内に拠点を置いたネット空間で繰り広げられるようになった。涼しさを人工的に作り出せれば、電気代といったコストはかかるにせよ、気候によるハンディは克服できる。また、そのような条件で、先進諸国と横並びになることができれば、あとは共同体に属する人々の能力の差となる。同じ人間である以上、その違いは僅差だ。教育によってその差を埋めることができれば、国土を覆う熱帯雨林も、様々な潜在力を秘めた未開拓地へと変わる。

 つまり、エアコンに代表される機械装置、情報技術によって、暑さというギャップを埋め、涼しい気候にある国々に勝る経済成長を遂げつつあるのが、現在成長著しい、シンガポール、マレーシア、インドなどの国々と言える。

 このような考え方は、ハンディキャップについて考えるときの参考になる。

   目の悪い人は、メガネやコンタクトレンズがないと生活できない。メガネのない時代に生きた目の悪い人々は、役立たずと言われたかもしれない。仕事をするにせよ、目が見えなければ相当なハンディになったはずだ。しかし、今を生きる私たちは、目の悪い人たちを差別することなど思いもつかない。メガネやコンタクトレンズを付ければ、普通に生活ができるので、差別することなど、夢にも思わない。

 欧米諸国がアジアの拠点を考えるとき、エアコンがなければ、シンガポールを果たしてアジアの拠点として選んだであろうか。アジアの中でも好位置にあることや、英語が公用語であることや、税金が安いことも選ばれる原因だが、その一つ一つがシンガポールという魅力的な拠点の特徴を形作っていく。

 とはいえ、日本がシンガポールになることはない。日本語しか使えない人がほとんどだし、アジアの端っこにあるのでどこへ行くにも不便だし、ほとんど毎日国のどこかで地震が起きている。しかし、私たちはここで生きている。そして、日本が劣っているとは思っていない。日本は劣った存在だから存在する価値はない。日本は生活コストがかかりすぎるから、英語を公用語にすべきだ。そんなことは誰も言わない。

f:id:arisugawag:20180731181554j:image

 テクノロジーが、人々の違いを埋めていく。エアコンが熱帯地方を変えたように、人の個体の持つギャップも埋まり人類の姿形も変わる。攻殻機動隊やマトリクスの世界もすぐそこにある。