天津大爆発

天津を訪れたのは、化学工場で大爆発があった直後、ひと月後のことでした。
爆発の現場から天津市内までは、東京と横浜ほど離れているとどこかで読み、大丈夫だろうと考え、そのままなんの準備もなく天津へ乗り込みました。
現地へ着くと、すっかり爆発事故のことなど忘れていましたが、なんだか空の色がおかしい。
これが、かの有名はPM2.5かと思いながら空を見上げていました。
真昼で曇り空でもないのに、太陽の周りをぼんやりとした霞が覆っています。

ホテルに荷物をおいて外へ出てみれば、街の喧騒は他の中国の街と変わらず。
よし、と、気合を入れてクルマと電動バイクに気をつけながら街を歩きだすと、なんだか目が痛い。
数分で我慢ができなくなり、すぐに部屋へ戻ることにしました。
ホテルへ帰ると目の痛みは嘘のように引いてしまいます。
外へ出ると数分で目が開けていられなくなるほどの痛み。
コンタクトを外してみましたが、それでも変わりません。
仕方ないので、目をしょぼしょぼさせながら、薄目を開けて外を移動。
ビルの中に入ると、目の痛みもおさまります。
旅の始まりから、目を開けて外を歩くことの出来ない状態です。
しかし、現地の人々は変わった様子もなく、外を歩いていました。
ああ、これが日常なんだなと、思いました。

北京近郊の天津は、どちらかといえば、北京の近くにありながら、北京の影に隠れて、訪問する人の少ない街です。
しかし、それではもったいない。
実際に訪れてみると、欧米諸国が植民地化した時代の建築物が残り、第二次大戦に至る近現代史を見ていく上で、欠かせない見どころが数多くあります。

北京、西安で悠久の時の流れを感じたあとは、沿海部の街、天津でその対極にある、蹂躙され続けた時代の足跡を追ってみてください。
上海は経済発展が急激に進んだため、往時の雰囲気が雲散霧消してしまいました。
しかし、天津には、まだ租界だった時代の空気が色濃く残っています。

本書では、そんな視点を織り交ぜ、天津街歩きのポイントをまとめてみました。

旅行前、スマホにダウンロードしていただき、
天津旅行中に、お役立ていただければと思います。

 

天津旅行記: 天津ミニガイド 旅の前にちょっとひと読み

天津旅行記: 天津ミニガイド 旅の前にちょっとひと読み

 

 

 

電動自転車で都内道路の走り比べ。山手通り◎、環七△、環八❌


環八、環七、山手通りを電動自転車で走ってみました。


パパチャリだと環八の車道は恐ろしくて走れません。直線はくるくる足を回してみても、メーター読みで最高30キロが限界。下り坂でも50キロが最高速。クルマは80キロくらいで走るので、歩道をのんびりとポタリングするのが無難です。


環七は、自転車走行マークが車道に印刷されてはいますが、その上に車が止まっていて、都度車列に入らなければならず怖い思い。環七は、立体交差が多いので、246以南なら走れそう。
山手通りは、首都高が地下にできた時に地上もリニューアル。あの狭くて車でも走りにくかった山手通りが、自転車天国に変わっていました。


環七で大森海岸まで行ったあと、山手通りを品川から北上。五反田付近が工事中であと少しで完成。中目黒は昔のままで歩道も狭い。
池尻大橋から池袋までは、幅広の自転車レーンはあるし、無駄な歩行者用信号もなく、うまく考えてつくられています。心密かに感動しました。

f:id:arisugawag:20170612083852j:image 

翌日は、バッテリーの残りを消化するために、荒川を北上。やはり、環八、環七、山手通りよりも、荒川サイクリングロードを走る方が気分が良いです。

土日で110キロ。ヤマハのビエンタは、一回の充電で110キロくらいは走れるということが判明しました。使っているのは、ほぼ上り坂とスタートダッシュだけですが。

やっぱり遠くまで走るならロードの方がスピードが出るので良いかなと思いました。(^^)

さあ家を買おう 都心の家と郊外の家 どちらを買う?

初めて買った不動産は、リゾートマンション。
現金一括払いで購入しました。
目的は子どもたちとの時間を楽しむこと。
少しは値上がりを期待していたところもありました。

しかし、相場は下がるばかり。
今では電動自転車一台と同じ値段。

結論:不動産は多くの人が欲しがるものを買う。

子どもたちも大きくなり、借りていた家も手狭となりました。

さあ家を買おう。

東京二十三区に家を買えば、価格は最低四千万円以上。
住宅ローンを組むことになります。
ローンの残債以下にならない住宅を選ぶことが絶対の条件です。

最終的に購入したのは、東京港区の麻布十番
見学した物件は百以上。
そして七年後、売却益を元手に、練馬へ引越しました。

その間、どのような変化があったのか。
家族にどのような影響があり、自身に何が起きたのか。
どんなことを考えたのか。
なぜ麻布十番に買ったのか。売ったのか。
都心がいいのか、郊外がいいのか。
ことの顛末を綴ります。
これから家を買おうと考えている、皆様のご参考となれば幸いです。 

 

次の時代の働き方とは

 P・F・ドラッカーは、長寿社会を迎えたこの時代、パラレルキャリアを築くことの重要性を唱えました。パラレルキャリアは、簡単に言えば、本業以外に「第二の仕事」つまり副業を持つ、ということです。

 日本社会では長く、副業は隠れて行うものでした。江戸時代の武士が長屋で傘張りをすることを副業とすれば、言葉に後ろめたさが残ります。

 会社員、アルバイト、ボランティアなど、様々な仕事を掛け持ちすると、同時に複数の仕事を並列的に行うことになります。すると、どれが本業でどれが副業か、自分でも断定することが難しくなります。 

 会社員であれば、会社で求められている業務を、一所懸命に行うことがまず第一です。

 しかし、大企業も子会社への出向で、全ての退職者を抱える、ということが難しくなってきました。会社員でいられる間に、第二の人生へのステップを準備してほしいということが、動機の背景として見え隠れします。

 

 P・F・ドラッカーが「明日を支配するもの」で提唱した「パラレルキャリア」。

 そして、リンダ・グラットン、アンドリュー・スコットが「ライフシフト」で提唱した「エクスプローラー」、「インディペンデント・プロデューサー」、「ポートフォリオ・ワーカー」の世界。

 

 これからの時代を生きるためのヒントを、少し早めに体験した私がまとめてみました。

 私の幾つかの失敗と成功が、これからの時代を生きる、みなさまのご参考になればと思います。

 

副業のすすめ: 労働力のシェアリングサービス

副業のすすめ: 労働力のシェアリングサービス

 
明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命

 
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 
ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

 

 

夢の先、夢の続きはどこへむかうのだろう

昔々、保険業界で働き始めたころ、同じ部で働いていた先輩が本を出版されたことがありました。仕事に関係のある内容であれば、どのような職場にでもあるお話ですが、本の内容は仕事とは全く関係のないミステリー小説。文学賞を取ってデビューしたということではなく、出版社への持ち込みで出版されたのだったと思います。

それから二十年以上がたち、どうされているだろうと、ふと思い出しました。

本名ではなくペンネームで書かれていたことは憶えていました。しかし、失礼ながらどちらのお名前も失念しておりました。しかし、本の題名は印象的だったので、すぐに思い出すことが出来ました。

今はネットという便利なものがあるので、アマゾンで簡単に検索することが出来ます。すると、作品の数々がリストとなって出てきました。

その後、いくつものミステリー小説を出されているようです。

何十冊もの本を出版し、夢描いていた作家になられて、もう二十年以上。書評の欄には読者の方からさまざまな書き込みがされています。良いこと悪いこと、悪評、褒めるもの。

良かった、と思いました。

嫌よ嫌よも好きのうち、ではありませんが、愛情の対称にあるものは無視。親の関心を引くためにわざと悪いことをする子どもではありませんが、感情が動いているという意味では、好きも嫌いも同じ。人を動かすエネルギーを生み出しています。善悪、陰陽、神悪魔、明暗、昼夜。それぞれのエネルギーを得て前に進んでいく。

 

夢の先、夢の続きはどこへむかうのだろう

つい最近、つかまり立ちを始めた私は、そんな話を伺ってみたいと思いました。

 

邪馬台国はどこですか?

邪馬台国はどこですか?

 

 

練馬から品川宿まで、古道を自転車で走ってみた

本日は都心方面に南下。品川シーサイドまで約25キロ。買ったばかりの電動自転車で走ってみました。
麻布にいた頃、古道探しに凝ったことがあり、麻布十番から新宿を通り練馬経由、大泉学園方面の古道を、見つけて何度か走りました。今日はそこを逆走し、東海道品川宿の先にある品川シーサイドまで遡ってみました。
古道というのは、ここ最近の道とは異なり、昔は田畑の中をうねりながら通っていたからなのでしょうか、軽自動車でも通るのが大変そうな幅なのに、ゆったりと程よいカーブが続いて、歩いても、自転車でも、飽きのこないところが魅力です。途中、道祖神や、神社などがあり、古くから往来があったことを実際に感じることができます。
人工的に作られた道は、整然と伸びていてもどこかの地点で、唐突に分断されます。しかし、例えば、大泉から麻布十番までの古道は、大きな幹線道路があったとしても、その先に、こちらですよ、という具合にその先が手招きして待ってくれているように繋がっているのです。
最近、東海道を歩くためのガイドブックを買いました。いつか京都まで歩いてみたいと思っていますが、その時には、本日通った古道を通り品川宿を目指し歩きたいと思います。
品川宿では、品川神社のお祭りの日のようで、大勢の人が神輿を担いで、旧街道を練り歩いていました。

f:id:arisugawag:20170603134917p:image     f:id:arisugawag:20170603134926p:image

 

 

売りたいときは、買いたいとき、ではないから難しい

 住宅の買い替えが難しいのは、売るタイミングと買うタイミングを、ずらしたいのに出来ないということです。

 持ち家を売る場合、最も値段の高いときに売りたいと考えます。家の価格が上昇し、家を買いたいと考えている人たちが、早く買わないともっと高くなると考えているときです。

 完全に高くなりすぎたときには、すでに遅いと言えます。多くの人がそろそろピークと考え始めると、購入意欲が下がるからです。完全に値段が上がりきる少し手前くらいで売りに出し、ピークになるかどうかの直前で、契約終了し引き渡す。これがベストでしょう。

 一方、購入のタイミングで一番よいのはどのようなときでしょう。

 不動産価格が下落して、どんどん落ち続けているとき。もっと下がるのではないかと、みなが疑心暗鬼になっているとき。値段が下がるのを待ち続けます。住宅販売会社はなんとか売ろうと必死です。販売会社は早く売ろうとしているため、値引きも可能です。

 問題なのは、高く売れるタイミングと安く買えるタイミングは必ずずれるということです。高く売れたときに、同時に安く買おうと思っても、どの物件も高い値段の物件ばかりです。売って同時に買うということは、値上がりの利益を、享受出来ないことになります。

 高く売って安く買おうとすれば、高く売れたあと、しばらく相場が落ち着くまで待つ必要があります。その間住むところがあれば良いですが、家がなければ借りるしかありません、借りれば家賃がかかります。

 不動産の相場、景気の変動は一年、二年の周期では起きません。早くても五年、たいていは十年位かかって少しずつ変化します。

 仮に五年程度の短い周期で相場が動いたとします。でも、その頃には、小学生だったわが子は、もう高校生になっているかもしれません。十年であれば、もう成人です。住宅ローンを組むのにも、自分自身が難しい年齢になっているかもしれません。

 このように、理論的には分かる話でも、自分自身にあてはめてみると、タイミングがなかなか合わないということがあります。相場にしても、基本的にはメディアを通して知るわけですから、日頃こまめに様々な物件を現地で確認していないと、動きはわかりません。最近、不動産価格が上昇しているとメディアに出るようになった頃には、買うタイミングとしてはもう遅いということになります。

 買い替えの売買のタイミング。これはそう簡単に考えられることではないことは、認識しておきましょう。

 

ライフプランニング 初級編

ライフプランニング 初級編

 

 

 

麻布の生活

麻布の生活